エコハウス壁用建材 相輝エコ漆喰(しっくい)に関する良くある質問事項を掲載しております。ご採用の参考にしてください。

漆喰 しっくい 建材販売 株式会社相輝
トップページよくある質問 > 相輝エコ漆喰

よくある質問 漆喰(しっくい)

相輝エコ漆喰によせられる主なご質問と回答のご紹介

壁用建材として

Q1:珪藻土と漆喰はどちらが健康に良いの?

 珪藻土にはいくつかの種類がありますが、 本来は太古のプランクトン(珪藻)の遺骸が堆積したものを原料としています。 珪藻土はそのままでは固まる性質を持っておりませんので、壁材として利用する為の燃焼行程と凝固材が問題となります。 漆喰と珪藻土に詳しく書きましたので、そちらをご覧下さい。

 それに対して、相輝エコ漆喰は昔ながらの自然素材のみで製造されており、化学合成糊を使用していませんので安心・安全です。

Q2:「真っ白な壁は汚れたらどうしよう・・・。?」

 表面が薄っすらとよごれたり、埃がついたりした場合のお手入れ方法を紹介します。 用意するものは、毛染めの時などに使う薄いビニール手袋を1枚。 ビニール手袋をはめて、壁を擦るようになでて、表面の薄皮を一枚落としてしまいます。 きれいになったら、下に落ちた漆喰の粉を掃除して、完了です。 たったこれだけで、きれいに維持することができます。

Q3:それでも汚れが落ちないときは?

 漆喰壁は、水拭きが可能です。 また、小さな汚れでしたら、消しゴムで消える場合がありますが、汚れが目立つようであればサンドペーパーをかけましょう。 その場合は、壁を傷めないよう、目の細かいものをお選び下さい。
小さな割れやひびならチョークのこなを摺込むことで、目立たなくすることができます。

 永年の汚れや傷、ひび割れが目立つとき、表面の風合いがローラー仕上げに変わってしまうのですが、 水性ナチュラル漆喰塗料 による補修をお薦めします。

Q4:誤って仕上げ面をキズつけてしまいました。補修方法は?

 補修する壁に霧吹きで水をかけ、30分程おきます。 保存しておいた相輝エコ漆喰に少量の水を加えて、十分に混ぜてください。 それをコテやゴムヘラなどでこすりつければキレイに補修できます。

 ※少量の水とは? ⇒コップ1杯程度の相輝エコ漆喰に対して、水大さじ1杯程度が目安となります。 水を加えすぎると柔らかくなりすぎてしまうことがあるので、少しづつ様子を見ながら行いましょう。

 漆喰施工に不慣れな施主様には、水性ナチュラル漆喰塗料 に よる補修をお薦めします。

Q5:ぽろぽろ剥がれ落ちるようなことはないですか?

 漆喰(しっくい)は聚楽(ジュラク)や土壁の仕上げのようなものとは違い表面がぽろぽろはがれるようなことはありません。 しかし、完全に硬化するまでの1年くらいは、表面の若干の粉が落ちたりして、巾木の上に貯まったりします。

服がこすれた場合、その粉がつくことがありますが払えば簡単に落ちます。 それらの擦れ落ちる漆喰粉が気になるのであれば、 フエキ糊(文房具の糊)を塗布すれば擦れても落ちにくくなります。

漆喰(しっくい)のページへ

underline