相輝エコ漆喰(しっくい)の原料の一つは麻スサです。石灰のアルカリ成分に強いので、灰汁がでなくて、耐久性のある土壁ができるのが特徴です。

漆喰 しっくい 建材販売 株式会社相輝

相輝の塗り壁材 漆喰(しっくい)

漆喰(しっくい)
麻スサについて

麻スサ

麻の繊維

 漆喰原料の麻スサは、日本で古来から使われてきた「日本麻」が利用されてきました。 天然繊維の中でもっとも強靭かつしなやかな「日本麻」の特徴を最大限に引き出したものが本麻スサです。

 漆喰は、昔から石灰、フノリ(海藻の糊)、麻スサ(麻の繊維くず)を原料として、混ぜ合わせて製造されてきました。 それらを練り合わせて、何回も塗ることで日本の気候風土に耐えられる壁になります。

 昔は、麻農家が繊維をはいだときに出る繊維くずを集めたものを「麻スサ」と呼んでいました。 麻農家の激減により、近年の麻スサは、紡績用の亜麻の糸になる前の繊維の束、 もしくは、マニラ麻をカットしたようなもので代用されています。

 世界遺産で国宝の姫路城の白壁も以前は麻スサが使われていました。

スサの役割

塗り壁材料におけるスサの用途は壁の補強亀裂防止曲げ強度を向上させ、作業性向上にあります。 塗り壁材料に弾性力を持たせ、鏝伸び、鏝ばなれをよくし、保水効果もあります。
関西では「すさ」と呼び、関東では「つた」と呼ばれていました。

麻スサとは?

一般的には、土壁には、藁スサが多く使われ、漆喰やプラスター類には麻スサが使われています。 この麻スサの材料は、かつては、日本麻からできた下駄の鼻緒の切りくず、地引網、 船舶に使った麻のロープを裁断したものを用いましたが、最近は材料入手が困難になったため、 海外産のマニラ麻やコーヒー袋に使わるジュート麻の裁断したもので代用されることが多いようです。

麻スサの特徴は?

接着力が強い
天然繊維の本麻は、細かい枝状で、繊維にルーメンと呼ばれる細長い空洞があります。 他のスサにない表面積の多さが漆喰の付着効果を高め、 乾燥したときのひび割れを抑える効果が高いのです。
耐アルカリ性に優れている
本麻は、昔から過酷な環境下の船の帆布やローブなどの船具に使われてきました。 強くてしなやかな繊維質をもち、特に漂白した白雪スサは、耐アルカリ性が強く、 石灰と混合しても灰汁(あく)が出にくいのが特徴です。

相輝エコ漆喰のページへ
underline