漆喰 ( しっくい )と珪藻土 建築材料として用いられる自然素材の漆喰は、断熱 保温 調湿 遮音 防火 耐久性などにすぐれた壁装材です。

漆喰 しっくい 建材販売 株式会社相輝

相輝の塗り壁材

塗り壁材
漆喰(しっくい)と珪藻土(けいそうど)

小生が漆喰(しっくい)と珪藻土(けいそうど)について、記述され一番分りやすく、適切な記述と思われるものを掲載します。

珪藻土と珪藻土建材の違い

しっくい

 自然素材ブームですが、内装建材珪藻土を 使っていることがアピールポイントの工務店も多いようです。 吸放湿性がある、シックハウス防止に効く、健康に良いと謳われています。 確かに珪藻土自体の吸放湿性能は高いですから、それを壁に塗ることで、室内環境を改善するができると思います。

 しかし、内装建材として市販されている「珪藻土建材」に、 吸放湿性能が本当にあるのでしょうか?

 珪藻土にはいくつかの種類がありますが、太古のプランクトン(珪藻)の遺骸が堆積したものであることは同じです。 石灰化したプランクトン遺骸の表面に無数の孔が空いていることから、活性炭のような吸放湿効果が高いのです。
問題は、その「珪藻土」と、建材として販売されている「珪藻土建材」とは 同じ素材、同じ特性をもつ物質かという点です。

 石膏漆喰(しっくい)セメントは 水を混ぜて、しばらくすると硬化します。

 しかし、珪藻土には自硬性はありませんので、乾くとまた土の状態に戻ります。 珪藻土を用いた製品として、代表的な七輪が固まっているのは高温で焼いているからです。 その七輪でも擦れば、珪藻土が容易に削れます。

 正確には、七輪の製造方法は「切り出し」と「練り」があって、ともに釜で焼くようです。 しかし、左官材として販売されている「珪藻土建材」は壁に塗ると確かに固まってきます。 ではなぜ固まるのかというと、珪藻土に凝固剤が混ぜられているからです。 ではその凝固剤の成分はいったい何か?

 珪藻土で左官するためには、珪藻土を固めるために何らかの凝固剤を混ぜる必要があります。 石膏漆喰(しっくい)セメントに珪藻土を混ぜて用いることもできます。 これらの材料は、それ自身にも吸放湿性能があるので、珪藻土の吸放湿性質を大きく損ねるということはないでしょう。

 しかし、市販の珪藻土建材のほとんどは合成樹脂を凝固剤に使っています。 合成樹脂には吸放湿機能が全くありません。 合成樹脂がプランクトン遺骸表面の孔を埋めてしまうのでしょう。 だから、合成樹脂を加えることは珪藻土の吸放湿性質を阻害します。

 自然素材でなく、科学的に合成された素材を利用している「漆喰」も「珪藻土」と同じ危険が存在するということが言えます。 昔ながらの原料、製法で製造された漆喰は、永年引き継がれた古人の知恵です。 その性質、安全性も実証されて、利用され続けてきました。 配合比率を間違えると固まりづらい、ヒビが入りやすい等の漆喰壁としての問題が発生するかもしれません。 しかし、少なくとも、安全・安心は確かです。

珪藻土の安全性

1:珪藻土自体は絶対安全か?
珪藻土の成分であるシリカは珪肺症の原因になります。 ですから、大量に吸い込むと問題になりまが、工場内とは違って、 家庭内ではそのような状況にはならないと思います。
2:珪藻土がガンの原因ではないかという情報もあります。
確かに結晶性シリカは肺ガンの原因とされています。 国連のIARC(国際ガン研究機関)では、シリカの項目に珪藻土の発ガン性が載っています。 結晶性シリカの発ガン性は最も高いランクのGroup=1で「発ガン性あり」です。
3:非結晶性シリカ
しかし、非結晶性シリカは、Group=3で「人に対する発ガン性を分類することができない」というランクです。 結晶性シリカとは石英のことです。珪藻土は未焼成の場合は結晶性シリカはほとんど入っていません。 しかし 焼成すると結晶性シリカが生成します。

相輝エコ漆喰のページへ
underline