漆喰(しっくい)の施工方法 相輝エコ漆喰は、赤貝の貝灰、銀杏草、スサを主原料とする、断熱, 保温, 調湿, 遮音, 防火, 耐久性などにすぐれた漆喰です。

漆喰 しっくい 建材販売 株式会社相輝
トップページ掲載商品一覧 壁材相輝エコ漆喰 > 相輝エコ漆喰 施工方法

漆喰 しっくい

漆喰(しっくい) 施工方法 その.2

相輝エコ漆喰を足踏みして柔らかく

 袋に入った相輝エコ漆喰は少し固くなっていますので、ビニール袋の上に両足で載り、押し踏みをしてほぐし、 柔らかくしてから、ビニール袋から出し、用意した容器に移してください。 容器がない場合は袋の隅を5cm位切り、こて板に盛移してください。

攪拌スクリュー

 本職の左官屋さんはこて板の上でかっこよく攪拌するのですが・・・、
素人には難しく、ひと仕事です。

 私は相輝エコ漆喰をバケツに移し、電動ドライバーに左写真の攪拌スクリューを装着し、攪拌します。


漆喰の攪拌

 すると、硬かった相輝エコ漆喰が水も入れないのにトロトロの状態になります。

 攪拌して30分間放置すると漆喰がなじみ、施工しやすくなります。 これをひしゃくですくって、コテ板に移し、施工します。

 漆喰の主成分は生石灰(酸化カルシウム、CaO、セメントの原料)で、これは強いアルカリ性です。
素手でこねたりすると皮膚が溶けてボロボロになります。 肌荒れの原因になりますので、必ずゴム手袋をしてください。

コテの用意

鏝 コテ

 写真は左官屋さんが用意したコテです。

 壁には広いところ、狭いところ、角隅があります。
それらをひとつのコテだけで仕上げるのは難しいので、 せめて大き目のコテと、小さなコテは用意する必要があります。

 粘土細工用のヘラもあると便利です。


コテ盛り

鏝練

 コテ板を壁面に接し、コテですばやく塗りつけてください。
最初はカサカサ音が出るくらい、下塗り感覚で薄く塗り付けてください。

 遠慮なく、度胸良く塗り付けてください。

 表面の水分が少なくなってきたら仕上げ塗りへ。

施工中は海藻のり(銀杏草)の臭いが強くしますが、乾燥して1週間するとおさまります。


重ね塗り

鏝 コテ

 写真は下地処理にUトップを施した上に、が相輝エコ漆喰をかぶせ塗りした様子です。


充分に乾燥したら、マスキングテープを丁寧に剥がしてください。

  漆喰施工 その.1   漆喰施工 その.2   漆喰施工 その.3
underline