相輝の燻煙熟成材は、燻煙で熟成乾燥されていますので、構造材としての強度、きれいな木肌、対害虫、高寿命性能が自慢です。

自然素材 エコハウス 健康住宅 相模のエコクラブ
トップページ > 燻煙熟成材

構造材

相輝 燻煙熟成材

燻煙乾燥は木地の仕上げ挽きをする前に、木材の端材やオガクズを燃料として燃やし、 燻しながら、その温度と煙の中に一か月間おいて乾燥させ、木地の狂いをなくす技法です。

相輝 燻煙熟成材

生木と乾燥木材

生木と言われる切り出したばかりの木材は、含水率も高く、当然たき火をしても燃えにくいものです。 生木グリーン材と呼ばれることもあります。
でも、切り出してから少し時間を経た木は、乾燥して、たき火に使ってもよく燃えます。 そして、木材は切りだしたばかりの木材は、強度も弱く、安定せず、また、乾燥していく過程で収縮し、 木が反るといわれる現象や、寸法が小さくなる、といった現象を生じます。

  製材直後 未乾燥材 乾燥材
寸法 乾燥収縮を考えて製材する 乾燥収縮の過程で寸法が小さくなる 一定
割れ 乾燥収縮の過程で割れが発生することがある
その対策が「背割り」と言われるもので、最初から割れを発生させておく
乾燥度合いによって、割れや反りが発生する 起こらない(起こりにくい)
強度 含水率は50〜60%程度ある 保管、乾燥状態によって含水率は異なり、強度も異なる 木材は含水率30%程度以下になると安定した強さを発揮する
耐久性 乾燥されないままだと、木材は腐っていく 乾燥している木材を吟味して使うことが大事 長い

KD材とは

KD材とはKiln Dry Woodの略で,乾燥機(Kiln)を用いて人工的に乾燥させた木材を意味します。  日本では、木材の乾燥程度をJASによって規定しています。建築用針葉樹製材の乾燥度を、含水率によって三種類に区分しています。 含水率25%以下をD25、20%以下をD20、15%以下をD15とし、これらの記号・数値が表示されている柱材などを見かけることがあります。

用途 含水率
構造材 住宅の柱などの木材 D25(含水率25%以下)
D20(含水率20%以下)
D15(含水率15%以下)
2×4工法の木材 乾燥材で含水率19%以下と決められている
柱、梁の構造用集成材 15%以下
フローリング フローリング
(合板下地等)
14%以下
無垢フローリング
(人工乾燥)
15%以下
無垢フローリング
(自然乾燥)
20%以下

換気方法

下の3つは、建物の耐久性、言い換えればその骨組みである木材を乾燥状態にする事によって、 木材の耐久性を高め、あるいは維持し、その結果として建物の耐久性を高めるという大切な役割があります。

  • 床下換気口:建築基準法では、木造住宅には床下換気口を設けることが義務づけられています。 この規定の最大に理由は、建物に使われている木材を常に乾燥した状態に置くことにあります。
  • 外壁通気工法:近年多く採用されている「外壁通気工法」も木材の乾燥を維持させておく目的を持っていることに他なりません。
  • 小屋裏換気口:基準法では必須ではありませんが、公庫融資では必須の小屋裏換気も小屋裏の温度上昇を控えるという目的と共に、 小屋裏が高温化して異常乾燥しないことも大切な役割です。

燻煙熟成材のすすめ

木の細胞のひとつひとつには、樹液を流動させ、水分移動の調節をするバルブ(ピット)があります。 伐採と同時にこのピットは、水の表面張力によってピッタリと閉じられます。 このことによって自体が枯れるのを防ぐ自然の仕組みで、樹木の生命維持の重要な仕組みなのです。

木の乾燥とは、このピットの口を開け、水分を蒸発させることです。 写真は燻煙乾燥と蒸気乾燥の杉材を顕微鏡で見たものです。 ピット図 木材の組織が生材のままに整然としているのが燻煙乾燥のもので 、ピット以外の細胞を損なうことなく水分の排出が完了しています。 これは、約75度を越えない低温で乾燥させるからです。 さらに、燻煙乾燥では同時に煙の成分と木材の蛋白質が結合して木質を硬化させ、防腐、防虫などの諸作用をもたらすのです。

燻煙乾燥はいわば、あのカツオブシの原理。あのカチカチとした硬度、保存性。 「木」本来の良さを損なうことなく、更に高める、一切が自然の働きを応用した技術なのです。

相輝 燻煙熟成材 化学薬品を使わない、防ダニ、白蟻防除、防カビ、さらには防腐性
乾燥材横断面

木材の燻煙処理時に発生する液体を燻煙液と呼んでいます。 この中のフェノール類、カルボニル化合物が燻煙処理中に木の主要成分であるリグニン、セルローズを ほとんど変化させることなく結合して殺菌作用、防腐作用、防虫作用などが生じます。 これは、いわゆる自然の効用で、ダニ、ゴキブリ、白蟻などいやな虫が忌避し、 カビ、ナミダタケなどの発生を押さえ、木材の耐久性を高めるのです。

相輝 燻煙熟成材をご注文いただく方法
お電話で
お電話でご注文を承っております。
ご不明な点なども併せてお気軽にお問合せ下さい。
TEL
FAXで
必要事項をご記入の上、下記の番号までFAXをご送信下さい。
FAX
underline