地盤減震システムとは大地震を地盤の中で吸収する新システムです。 建物の地盤内にすべり材を設けて地震力を減らし、地震から建物を守ります。

良質の徳島杉浮造り建材販売 株式会社相輝
トップページ掲載商品一覧 > 地盤減震システム

地盤減震システム

地盤減震システム

地盤減震システムの特徴

株式会社 相輝は、ビイック株式会社地盤減震システムの特約店として認証されております。
免震制震と呼ばれるシステムの約1/3のご予算で、安全・安心を手に入れることができます。

地盤減震システムとは、免震でもなく、制震でもなく、大地震を地盤の中で吸収する新しいシステムです。 建物の地盤内にすべり材を設けて地震力を減らし、地震から建物を守ります。

免震制震等他のシステムでは、なかなか耐震システムの効果を感じ取ることが難しいのですが、 地盤減震システムは最近発生しています震度4程度の地震でも、他の家より、揺れが小さく、緩やかになり、 恐怖感も少ないので好評を得ています。

ご不明な点や質問等ございましたら、お問い合わせより、お気軽にお尋ね下さい。

耐震・免震・制震・地盤減震の違い

  • 耐震 :耐震は、広義には、建築構造物や土木構造物が地震に対して破壊や損傷しないようにすることを指します。 また、狭義には制震や免震と区別して、主要な構造体そのものの強度や靭性を向上させることで破壊や損傷を防ぐことです。

  • 免震システム:構造設計の概念であり、地震力を抑制することによって 構造物の破壊を防止することです。

  • 制震システム:建築設計上の概念であり、建物に入力される地震力を、建物内部の機構により 減衰させたり増幅を防いだりすることで、建物の振動を低減させることです。

  • 地盤減震システム:免震でもなく、制震でもなく、大地震を足元(地盤の中)で吸収する新しいシステムです。 建物の地盤内にすべり材を設けて地震力を減らし、地震から建物を守ります。

建物と地盤の共振現象をカットします

関東大震災の時、民家や蔵は大被害を受け、その多くが倒壊しました。

地盤は地震によって大きく震動する周期と、震動しない周期が混在しており、これを地盤の応答特性と呼んでいます。 また、建物も地盤と全く同じように応答特性を持っており、 地震の発生により両者の特性が重なり合い共振現象を起こし、 建物は何倍にも増幅されて振動し、被害を一層大きくしたものと分析されています。 この地盤減震システムは地震力と慣性力、それに滑りを利用して、 大被害の元凶である共振現象をカットいたします。

また現在の住宅は、殆どが地震対策として剛構造になっています。 しかし、例え剛構造であっても、地盤と組み合わさった場合、必ずしも地震に強いとは言い切れません。 建築前に表面波地盤探査機による地盤調査をして応答特性を把握しておく事が必要です。 住宅はその設計値からおおよその応答特性が分かりますので、 地盤の応答特性と重ならないように設計する事が肝要です。

地盤減震システムの採用により、この共振現象問題が一挙に解消できます。

地盤減震システムのちがいの図
地盤減震システムをご注文いただく方法
Webで
詳細お問い合わせ・お申込みは お問い合わせフォームよりお願いします。
お電話で
お電話でご注文を承っております。
ご不明な点なども併せてお気軽にお問合せ下さい。
TEL
FAXで
必要事項をご記入の上、下記の番号までFAXをご送信下さい。
FAX
underline