免震システムとは、構造設計(とくに建築構造)の概念であり、地震力を抑制することによって構造物の破壊を防止することです。

良質の徳島杉浮造り建材販売 株式会社相輝

免震システム

免震システム

免震の定義

免震は、構造設計(とくに建築構造)の概念であり、地震力を抑制することによって 構造物の破壊を防止することです。

免震技術の概要

 狭義の免震では、地盤や床との絶縁のみを行うが、建築物の場合には基礎部分に免震工事を行い、 震動を吸収するためのダンパーと組み合わせられることが多いようです。

地盤等との構造的絶縁

 鉛直方向に構造物を支持しつつ、水平方向に柔軟に変位可能なアイソレータ(isolator)を 設置することで、地盤(もしくは他に土台となるもの)の動きに追随しないで済むようにします。 建築では、金属板とゴムを交互に重ねた積層ゴムアイソレータが広く使われますが、他にも ボールスライドレールなどで滑らかな移動を可能とするタイプがあります。

震動の吸収

 ダンパーなどを用い、震動エネルギーを吸収します。粘性流体を用いたオイルダンパー、 金属の塑性変形を利用した鉛ダンパーや鋼材ダンパーを設置することで、震動を減衰します。 最近では空気圧を利用し、建物全体を基礎を浮かし、エネルギーを建物に伝えないAIR免震装置も 開発され、従来の免震装置より施工が容易になりました。

効用

 免震技術の最大の目的は、大地震の際の人命や財産の被害を防ぐことです。 しかし、建築物の用途によっては、小規模な地震による地盤の震動を防止することも望まれれます。 工場においては、小規模な地震であっても精密な製品や機械の動作に影響をもたらすことがあります。 そのため、たとえ大地震の危険の殆どない地域であっても、工場に免震を行うことで、製品の不良率を下げていることがあります。

 建築以外でも、機械や設備に免震性能が要求されることがあります。 たとえば、データセンターなどでは、サーバマシンにダンパーやアイソレータで免震措置を施し、 衝撃によるデータの損失を防いでいることが多いです。 近年ではデータセンター等のスペック表示において「免震」が強調されています。 また、個人ユーザや小規模サーバ運用者向けにも、特にハードディスクなど衝撃に 弱いハードウェアの損傷を防ぐための免震台が製造されています。

地盤減震システムをご注文いただく方法
Webで
詳細お問い合わせ・お申込みは お問い合わせフォームよりお願いします。
お電話で
お電話でご注文を承っております。
ご不明な点なども併せてお気軽にお問合せ下さい。
TEL
FAXで
必要事項をご記入の上、下記の番号までFAXをご送信下さい。
FAX
underline