真壁とは、日本の伝統的な和風建築で、構造躯体としてつくられた木造軸組が、そのまま表面に露出する壁のつくりのことです。

株式会社相輝
トップページよくある質問 > 用語集:真壁工法
よくある質問
用語集
真壁と大壁
木造軸組工法
真壁工法

 真壁とは、日本の伝統的な和風建築で、構造躯体としてつくられた木造軸組が、そのまま化粧材として表面に露出する壁のつくりのことです。 和室などの納まり壁がそうです。

 柱・梁など軸組をあらわにして、軸組の内側に下地を設け、土塗りなどで仕上げた壁です。

メリット

・柱や梁が室内に露出しているので、構造材が空気に触れ、温度・湿度が調整しやすく、耐久性がよいと言われています。

・壁が柱などで区分されているため、汚れや傷が付いても、その部分の壁だけを直せば良いので、 後のメンテナンスが容易であるとか、構造体が見えるので、傷んだり、反ったりしてもすぐに発見できるなどの利点があります。

デメリット

・壁内部への筋交いや補強金物、配管設備、断熱材、遮音材などの挿入に工夫と注意が必要です。

大壁工法

 大壁構造とは、柱や筋かいなどが壁面の外に表れることがないように、覆い隠すようにした構造のことです。

 パネル構造や、構造用面材で壁をつくる間柱や筋かいなどのない壁構造も大壁構造といい、 軽量鉄骨組構造や2×4工法も大壁構造といわれる。

メリット

・壁厚が大きくとれるため、壁内部に筋交いや補強金物、配管設備、断熱材、遮音材などが挿入しやすいメリットがあります。

デメリット

・施工時に断熱材などの不均等を起すことなどがあり、壁の中の結露に注意する必要があります。

underline