土壁下地の仕上材としてり使用される左官材料には、大きく分けて、色土(いろつち)、漆喰(しっくい)、大津があります。

断熱材 パーフェクトバリア 株式会社相輝
トップページよくある質問 > 用語集:枠組壁工法
よくある質問
用語集
左官材料
左官材料

 土壁下地の仕上材としてり使用される左官材料には、大きく分けて、色土(いろつち)、漆喰(しっくい)、大津があります。

色土(いろつち)

色土は、一般に聚楽・京壁として、和室の壁に塗られて木た材料で、粘性のある色土に藁ずさと砂、 糊を混ぜ、材料の粒子が見える程度になでて、平滑に仕上げることが多いものです。

土の柔らかさが特徴で、白木の柱、畳、襖紙などの自然の材料と相性が非常によいのが特徴です。

漆喰(しっくい)

漆喰(しっくい)は消石灰とのりと麻スサを水で練り合わせてつくったもので、空気中の炭酸ガスと結合して、 もとの石灰岩と同じ組成に戻って硬い表面の壁をつくるので、内外の壁に塗られます。

現在では材料の配合を工場で調合した貴重後の材料が使われることがほとんどです。

その代表例が相輝エコ漆喰です。

大津壁

色土と消石灰と麻スサを混ぜてつくる大津壁の材料は、色土壁に比べて表面を固く押さえ込んで仕上げることが可能な為に、 手が触れやすい老化やトイレなどの壁に塗られてきました。

underline