木質パネル工法とは、建物の構造体となる床・壁・天井を規格化したパネルとして工場で生産し、現場に搬入して組み立てる工法です。

断熱材 パーフェクトバリア 株式会社相輝
トップページよくある質問 > 用語集:木質パネル工法
よくある質問
用語集
木質パネル工法
木質パネル工法

 木質パネル工法とは、建物の構造体となる床・壁・天井を規格化したパネルとして工場で生産し、 現場に搬入して組み立てる工法です。 その床・壁・天井のパネルの芯となる枠材に木材が使われるところから木質パネル工法と呼ばれています。 最近では、木質パネルに断熱材を加えたものや、電気の配線を行なったものなどもあります。 基本的は枠組壁工法と構造原理は同じ考え方の工法です。 違いは、枠組壁工法、枠材に合板を釘打ちするのに対して、 現在日本で行われている木質パネル工法は、合板を接着剤で枠材に固定するという点です。

メリット

・パネル生産を工場で行なうため精度が高いことや、現場作業が少なく、工期が短かいことです。

・大量生産の為にローコスト住宅向きです。

デメリット

・パネルの設置にクレーンを使用するため、車の入らないような敷地だと施工できません。

underline