伝統的な木組みを活かし、基礎に固定した土台の上に柱を垂直に建て、梁を水平に渡し、屋根を組む在来工法です。

株式会社相輝
トップページよくある質問 > 用語集:木造軸組工法
よくある質問
用語集
在来木造軸組工法
木造軸組工法
木造軸組工法

 一般に在来工法とも呼ばれ、日本古来の伝統的な木組みを活かした工法です。 コンクリートの基礎に固定した土台の上に柱を垂直に建て、梁を水平に渡し、屋根を組むものです。 垂直方向の力には柱、水平方向の力には梁で抵抗するのを基本原理に、筋かいと呼ばれる斜材を数カ所に加え、 さらに補強金具を使って耐震・耐風構造の強度を高めることが多いです。

メリット

・大きな開口部、複雑な出隅や入り隅をとるなど平面設計の自由度が高く、さらに増改築がしやすいのが特長です。

・柱を直接あらわした本格的な和室を含む、本格和風建築を作ることもできます。

デメリット

・木造軸組構法では、各部材に、継手・仕口などの複雑な加工が必要であるため、 加工および現場作業に高度な技術を要し、人件費および工期がかかることです。

・木材同士の接合部の強度は弱く、引っ張ると容易に抜けてしまう。 そのため、柱の上部と下部ではかど金物やホールダウン金物、梁の両端部では羽子板ボルト、 筋交いの両端部では筋交いプレートを使用するなど、補強金物の使用が義務付けられています。

underline